本文へスキップ

TEL.022-308-5009

〒982-0023 仙台市太白区鹿野3-23-33

こどものこと

どんぐり(幼児グループ)

  「子どもの 自分でしたい気持ちを大切に
             親と子がともに育つ幼児グループ」

 入園前の2歳ごろになると自分の意思もはっきりしてきて、言葉も覚え始め、
 お友達と影響しあう時間が大事になります。
 自分でやりたい気持ちも膨らんでくる時期に、親子が一緒に集まって半日を過ごす
 一年間の集まりです。

○ 内 容  ・月に一回の集まりです。(月曜日 10:00~12:00 年間10回の予定)
       ・最初は親子で一緒に過ごし、その後は子ども同士のふれあいも大切にし、
        親子が離れて過ごす時間も増やします。
       ・お母さんは羽仁もと子著作集を読んだり、子育てについて話し合う時間があります。
       ・下記の予定のほか、親子一緒に歌を歌ったり、リズムに合わせて体操、お絵かき、
        砂遊びなど、子どもの様子に合わせて楽しい時間を過ごします。

  子 ど も   お 母 さ ん
前期  ・落ち着いて楽しく食事ができるように
・みんなで一緒に体を動かして楽しむ
・自然に親しむ
・生活リズムを整えるには
・幼児食について
・食事作りの工夫
後期 ・身の回りのこと
・少しずつ自分のことは自分でできる
 ように
・収納の工夫
・手作りを楽しむ
・「早く」を言わない生活
・入園前の準備


2020年度 幼児グループ「どんぐり」参加者募集
   ・対 象  2歳~3歳( 2017年4月2日~2018年4月1日生まれの
                        満2歳の子どもと母親 )
   ・会 場  仙台友の家  仙台市太白区鹿野3-23-33 Tel・Fax 022-308-5009
   ・参加費  年間 6000円(仙台友の会員5000円)
         資料代1000円(書籍代含む)
   ・定員   10組
   ・集合日  月一回 月曜日 (年10回)
           


2019年度 どんぐりの様子
1月の様子
新しいお友達が入ってくださり、5組になりました。今日は幼稚園がおやすみのこともあって、2人のお兄さん、お姉さんが加わり、とても賑やかで活気がありました。
お母さんたちが余裕を持って来てくださるので、子どもたちは自分のすることを落ち着いて準備することができています。お歌を歌い、暖かくなる体操をして体も心もほぐされます。
お母さんたちは読書「最も楽しい事業」です。
子どもたちは野菜と消しゴム、ダンボールを使って型押しです。一つの野菜で同じ色をいくつも押したり色とりどりに鮮やかな花火のような作品など、一人ひとりの個性があり、とても素晴らしい作品ができました。
最後に手袋のはめ方と帽子のかぶり方を教えてもらい、みんなでやってみました。子どもたちは自分たちができることを一つひとつ学びながら身についていることを感じます。また、思いやる気持ちも芽生え、子どもっていいな~と思う9回目でした。来月は卒業です。みんな元気に集まれますように!

12月の様子
ドアを開けると、自分のおしるしのところに靴を置き、コートをかけ、荷物を置き、タオルをかけます。これが一人でできるというのはとても立派なことです。
始まる前にがらがらうがいをするのですが、ぶくぶくうがいよりも難易度が高い。それでも少し慣れてきたような感じがします。
みんなで手をつないで始まりのご挨拶。次は「手をたたきましょう」「きらきら星」を歌いました。そして「あたたかくなる体操」です。手首に鈴をつけ、「クリスマスの鐘」を踊りも交え歌いました。
そしてお母さんたちは読書「いかにして子どもを神に導くべきか」です。
子どもたちはクリスマスリース作り。籐のリース台にふわふわなポンポンをきれいにつけていったり、モールやリボンを巻き付けたりと、大人が見ていてもわくわくします。
あと2回、全員で集まれればいいですね。
~感想より~
・他のお母さん方からいろいろな経験や各ご家庭のやり方を伺うことができて、とても有意義な時間でした。
・本人が「目的を持つ」「意欲的になる」その成長する機会に出会えてうれしく思います。

10月の様子

子どもたちは椅子に座って、お母さんたちは座布団に座って、お歌を歌いました。今月の歌は「どんぐりころころ」です。次は輪になって歩いたり、うさぎさんになって跳んだり、親子で体を動かして、体も心も足先も暖まりました。
お母さんたちは読書「子ども同士の物争い」。子どもたちは「靴下はき」。「3匹のくまとくつした」の紙芝居を読んで、実際にみんなで履いてみました。「さといもばき」(靴下を裏返すと里芋みたいに毛羽立っているため)の直し方を説明しながらみんなでやってみると、上手に表に返せていました。
そのあとは、どんぐりと葉っぱを使って工作です。みんな思い思いに画用紙にドングリや葉っぱを貼りつけていきました。子どもの感じ方や表現の仕方にみんなで驚き感じ入りました。

9月の様子

夏休みと台風で日程変更したために、前回から二か月以上あいだが空きましたが、全員元気に集まりました。
歌や体操のあと、近くの田んぼまでお散歩しました。稲刈りは終わっていましたが、小さなアマガエルや大きなバッタ小さなバッタも見つけました。子どもたちは怖がる様子もなく、手にしていました。
~感想より~
8月はどんぐりがお休みだったり、帰省したりで、トイレトレーニングが振り出しに戻りました。環境は大切なんだと思います。9月のどんぐりでみんなと一緒にトイレにいけることを期待しています。

7月の様子

4回目の活動で子どもたちは、自分のお印の場所に自分の靴を置く、荷物を置くこと、周りの人たちにも慣れてきた様子が見られました。
歌は、先月うたった「めだかの学校」と「とけいのうた」です。ちいさな手の動きがとても可愛いです。
音楽に合わせての体操、その後はトイレに行きます。ここで皆の様子を見て自分からトイレに行くようになっている子もいます。子ども同士で影響しあっているのだと思います。
その後、子どもたちは「木片」を使って遊び、お母さんたちは「理性を発達させること」を読書しました。子どもたちの生活時間についても話し合いました。
~感想より~
おかげさまで、最近では家でも自分の靴を並べたり、お皿やおもちゃを片付けたり自立心が芽生えてきたようです。本人も毎回楽しみにしているので、今後の活動に期待しています。

6月の様子
 出席4組。全員出席で行うことができました。
お歌は「手をたたきましょう」と「めだかの学校」です。本物のメダカを目の前にして、こどもたちは興味津々。メダカの泳ぐ様子を見ながら歌いました。
子どもたちはお花を鉢に植えました。
今月はごはんの食べ方を紙芝居を使って説明しました。お母さん方と食事についての悩みなどを聞き合いました。

5月の様子
 出席4組。1組の親子が加わってくださりました。
お歌は「チューリップ」と「手をたたきましょう」です。次はリズムに合わせて親子体操。
今月は、パンツのはき方を動物たちの紙芝居を見ながら説明しました。
親子に分かれて子どもたちは紙粘土、お母さんは読書。紙粘土は触ってちぎったり丸めたり様々です。
お母さんたちは手仕事として簡単にできる手縫いのティッシュ入れを作りました。

4月の様子

 出席2組。今年度のどんぐりが始まりました。どんぐりは今年度で9年目になります。
1回目は、ベルの音を聞き、おもちゃを片付けるところから始まりました。
「ぞう」や「ひまわり」の自分のおしるしをもらって、靴、お茶やお弁当、タオル掛けにタオルをゆっくりしまいます。子どもたちはお天気のあたたかい春風の庭で遊びました。
子どもが一番自分でやりたい気持ちにあふれているこの時期を大切にしていきます。


2018年度 どんぐりの様子
2月の様子
 出席7組。2~3歳を対象にした10回の集まりの最終日でした。ついこの間まであ母さんから離れられなかった子が、自信に満ちた表情でクッキー作りをしていました。
 1年を通して少しずつ自分のことは自分で出来るように、生活のこと、音楽、自然に親しむことなどを織り込んでプログラムが進められてきました。自分の靴、お弁当とお茶の準備など時間はかかりますが、2~3歳児が真剣に取り組む姿は羽仁先生の言われる「子どもの中にあるいいことをしたいという気持ち」を現実に感じる思いでいます。この一年の成長を感じ、お母さまたちと関われたことをうれしく思います(係りより)。

1月の様子

 出席6組。「雪」をみんなで歌い、あたたかくなる体操をしました。
体操のあとはお母さんは「もっとも楽しい事業」を読書、子どもたちは野菜の型押し、消しゴムスタンプンプの活動をしました。小松菜、蓮根、ピーマン同じ素材でも各々の押し方、力加減で個性が出て素敵な出来上がりになりました☆

12月の様子

 出席3組。「クリスマスの鐘」他2曲を歌いました。柱に大きな鐘を飾り、子どもも大人も手首に鈴をつけて鐘を指し歌いながらみんなでお遊戯のように体を動かして楽しみました。子どもたちはリース作りです。リボンや毛糸、モールなど好きな素材をボンドでつけていきます。みな集中して出来るようになりました。

10月の様子
 出席6組。「どんぐりころころ」を歌い、係りが用意したたくさんのどんぐりをみました。
「3匹のこぐまと靴下」の紙芝居を見て、みんなで「よく見て履きましょう」と教えてもらい、靴下を履きました。お母さんたちは「子ども同士の物争い」を読書し、ティッシュケースを作りました。大きくすると子どものお弁当袋にもなります。最後はみんなで輪になってさよならをしました。

9月の様子
 出席2組。猛暑の気温から急に涼しくなったせいでしょうか、お休みのお子様も。
「とんぼのめがね」を歌いました。子どもたちは画用紙にマスキングテープを貼って、上からクレヨンやクーピーで自由に色を塗りながら好きなように描きました。
食後にはブクブクうがいと靴の履き方を学びました。
 2組の参加でしたが読書も含めてゆったりをした時間を過ごしました。

7月の様子
 出席6組。4回目のどんぐり、みなさん慣れてきた様子です。
「とけいのうた」を歌い、親子体操、木片を使って遊びました。木工用ボンドを使い、
木片、布地、フェルト、リボンなどで思い思いの作品を作りました。
 お母さん方は「理性を発達させること」を読書しながら、子どものお弁当について話しました。

6月の様子

 出席5組。今日は雨でした。
みんなでめだかを見ました。始めて見る小さなかわいらしいお魚に興味津々でした。
その後「めだかの学校」を歌いました。
 玄関の軒先でお花を鉢に植えました。数種類のお花から子ども達に選んでもらいました。
土遊びは好きでも園芸用の土は特別なのか、土で遊ぶ子はなく、鉢に土とお花を入れ、水をあげました。

5月の様子
2回目の集まりです。お友達が増えて6組になりました。
今月の歌は「かたつむり」です。みんなで本物のかたつむりを観察しました。始めて見るお子さんもいて
興味津々でした。パンツのはき方、紙粘土あそびなど楽しい時間を過ごしました。
お母さんの読書は家庭教育の基礎から、「習慣はいかに幼児を支配するか」と「わがままに対する処置」を読みました。読書を通してともに考え、向き合うことのできる時間です。

4月の様子
子ども達は真剣な顔で、自分のお印を見つけて、お手拭きタオルをかけ、お茶とお弁当、靴を
入れました。自分のやりたい気持ちが育つ1年に!!

係りの方の丁寧な準備だからこそ子どもはもちろん、親もよい時間を過ごせるのだと思いました。
今年度の応募はまだ可能です。ご興味のあるかたはご連絡ください。お待ちしています♡





ナビゲーション

inserted by FC2 system