TEL.022-308-5009

〒982-0023 仙台市太白区鹿野3-23-33

公共活動

2017年度の活動
6月25日(日) 石巻市復興まちづくり情報交流館北上館の「手作り市」に参加
 十三浜の方たちも参加しました。復興支援の一つとして友の会も初参加。
 わかめ本からの料理 
 
昆布とトマトの炊き込みご飯、韓国風わかめの牛肉スープ、わかめクラッカー
 
                      を作り来場者に試食していただきました。
 震災直後の避難所へと伺った時からの道路も自然と回復してきていますが、まだまだ先の長い復興と感じました。手づくり市はわかめ、昆布、北上川のしじみなどや、全国から提供された雑貨が運営資金となっているそうです。
第4日曜日の開催日ですので、皆さんもぜひ行ってみてください。


6月14日(水) えんがわ 9名の参加
 
メニュー 茄子とひよこ豆のドライカレー、サラダ&人参ラぺ 杏仁豆腐桜桃ソースがけ
  皆さん食事を作りながら近況報告も兼ねてのおしゃべりが楽しかったです。




震災支援

東日本大震災後に様々な支援をおこなってきました。
・仮設訪問(お掃除支援)
・青空市
・手仕事会
・お茶飲み会
・食の支援(えんがわ)
・入学児童袋物作成・お届け
・巡回生活講座(婦人の友社とともに)
・生活日記お届け
・保育所、幼稚園への支援
・十三浜のわかめ支援

えんがわでクッキング

みなし仮設に住む皆さんを中心に、2012年4月から一緒に食事をつくり一緒に昼食をとるという支援を
はじめました。
第2水曜日を中心に月に1回、仙台友の家で行っています。

入学児童袋物作成・お届け

方針イメージ

入学児童袋物は、震災があって間もなくから全国友の会、婦人之友社、自由学園の3団体が協力して、毎年被災地のこどもたちにお届けしています

2011年から春から始めたこの支援も今年の春(2017年3月)まで7回実施し、宮城県の沿岸地域14市町の10,606人の新入生に44,294枚の手作りの袋をお届けすることが出来ました。震災当時0歳だった子どもたちが小学校に上がるまではと続けてきた支援です。1年生へのエールが家族の皆さんをも励ますことになったのではと思っています

十三浜のわかめ支援

仙台友の会では、婦人之友社の「十三浜わかめくらぶ」のサポートとして、全国のわかめの注文のとりまとめ、発送の手伝いなどを行っています。
2017年度、全国からの注文はワカメ165箱、昆布55箱、茎ワカメ75箱でした。
今年は「三陸わかめと昆布」の本が発行されたことで全国に三陸の美味しいわかめ料理が広まったせいか、例年より多くの注文がありました
浜への何よりの支援だと思います。ありがとうございました。

 

その他の支援





仙台友の会仙台友の会

〒982-0023
仙台市太白区鹿野3-23-33
TEL 022-308-5009
FAX 022-308-5009

本文へスキップ

ナビゲーション

inserted by FC2 system