TEL.022-308-5009

〒982-0023 仙台市太白区鹿野3-23-33

子どものこと

たんぽぽ(子を持つ母の集まり)

○対 象   乳幼児から小中学生の母(子 育てに関心のある会員は誰でも参加歓迎)
○内 容   羽仁もと子著作集を読み、子育てについて考え学びあう
       生活講習で生活リズム、幼児食の作り方や分量、手仕事を学ぶ
       時には子どもに適したものは何か等を子どものことを中心に考えたい
○集まる日  年6回(月曜日)
○場 所   全体の集まりは友の家 5/26 9/29 1/26
       方面の集まりは各会場で(詳しい日時と会場は係へお尋ね下さい)

2017年度
 第2回 全体たんぽぽ&10月野の花 
  10月2日(月) 10:00~12:00
  読書 家庭教育編 良心・同情・理解力
机上講習と実習
酢飯、お稲荷さん、ラップ寿司

参加された方から…

「お寿司は家で作るものではなく買ってくるものだと思っていました。
 今度両親が遊びに来たらぜひ作ってみたい」
「これを機会に酢飯をもっと活用したい。」
「ラップ寿司を子どもと一緒に作ってみたい」

「家事家計講習会が始まる前のこの時期に、お楽しみ的な企画が嬉しかった」
                            などの声が聞こえました。



 調理実習 いなり寿司、ラップ寿司を作りました。



 第1回 全体たんぽぽ
 
6月26日(月)10:00~ 
 参加者 お客様4名 会員19名

 読書 家事家計編(上)母親は子守にあらず

 母と子ども(自分で記録)の生活記録(時間しらべ)をもとに、
 気づいたことや困っていることを聞きあいました。

 「起床から朝食までの時間が短い…」
 「朝、子どもが自分で起きない…」
 「上の子の習い事の時間に下の子の生活時間が影響される。」など
 これに対して、具体的な案や、家事の工夫、他の家庭の工夫が出て
 有意義な時間となりました。
  

西方面たんぽぽ
7月27日(木) 10:00~15:00
錦が丘集会所 参加者9名 子ども7名(小学生6名、幼児1名)

内容 読書 家庭教育編(上)天分不相応の教育
   包丁研ぎ実習
   布巾の煮洗い、麺つゆのこと
   目安量の話し
昼食 子ども達による手作りサンドイッチ 具材は参加者持ち寄り

 包丁の研ぎの実習では、「包丁と砥石の角度のこと」、「かえり」のことなど話ながらリズミカルに研いでいきました。初めての方もいました。サンドイッチに使うきゅうりを研いだばかりの包丁で切ってみると「切れるー!」と感激。昼食づくりは子ども達に任せ、大人は布巾の煮洗い、麺つについて各自の様子を聞きあいました。
 昼食は、子どもたちの提案でバイキング形式。1つのテーブルにたくさんの種類のサンドイッチが並べられていて、選ぶ楽しさもある楽しい時間となりました。 午後は、子ども達は近くの公園に出かけ、大人は生活係が中心となり目安量の話し、教育費調べ、家計簿の勉強会の持ち方など話し合いました。 2時半過ぎ、6年生が先頭と後尾について列をつくって戻ってくるのを見て、子どもたちの成長も見ることが出来ました。


 



仙台友の会仙台友の会

〒982-0023
仙台市太白区鹿野3-23-33
TEL 022-308-5009
FAX 022-308-5009

本文へスキップ

ナビゲーション

inserted by FC2 system