本文へスキップ

TEL.022-308-5009

〒982-0023 仙台市太白区鹿野3-23-33

こどものこと

たんぽぽ(子を持つ母の集まり)

○対 象   乳幼児から小中学生の母(子育てに関心のある会員は誰でも参加歓迎)
○内 容   羽仁もと子著作集を読み、子育てについて考え学びあう
       生活講習で生活リズム、幼児食の作り方や分量、手仕事を学ぶ
       子どものことを中心に考えたい
○集まる日  年3回  (2018年度は6/25、10/22、1/28)
○場 所   友の家



2019年度の予定

第1回 たんぽぽのお知らせ
       「先手仕事で楽ちん弁当」
乳幼児・小学生・中高生を持つ母の3グループ同時開催致します。
ふるってご参加下さい!

○日 時   2019年7月17日(水) 10~12時
○場 所   友の家 2F集会室

○内 容   第一部《読書》
         乳幼児の母:「最も楽しい事業」(家庭教育篇・上)
         小学生の母:「よいことは必ず出来る」(教育三十年)
         思春期の母:「真実を語れ」(教育三十年)
       第二部《先手仕事で楽チン弁当》~お弁当のおかずの見合いと試食~

○持ち物   大人…お弁当箱にご飯だけ詰めてお持ちください
       託児のある方…お子さんのお弁当、お茶、帽子、着替え
○料 金   材料費200円 + 参加費100円(お客様のみ)
○託 児   定員7名(1歳以上・先着順・予約制)
       託児料300円(1歳未満は同室で過ごします)
○申 込   7月16日(火)締切
       仙台友の会 sendaitomo@tuba.ocn.ne.jp



2018年度の様子
第3回全体たんぽぽ 1月28日
 今回も前回に続き防災についての勉強会をしました。自己紹介のあとそれぞれが東日本大震災のときの経験を話しました。非常時における水の確保、食べ物、調理の仕方、トイレ、お風呂、ごみの処理、家族との連絡の取り方などを話し合いました。今回の勉強会では非常時の備えはもちろん、もしもの時に助け合えるコミュニティー作りが大切だと考えさせられました。
    


第2回全体たんぽぽ 10月22日
 参加者は14名、託児3名 0歳児1名でした。
 今回取り上げたのは、「教育費調べについて」、「子どものいる家庭の防災」です。
 教育費のこと、子どもの習い事などで現役世代がどのように悩んでいるのか、いろいろな疑問に、教育費のまとめの資料が、数字の裏付けをもって答えていることがわかりました。
 災害への備えとして、「わが家はこんな風に備蓄している」、「こんなタイミングでローリングストック」など東日本大震災を経験しているからこその工夫を伝えました。最後に水で60分、お湯で15分で食べられるアルファー米の味付けごはんや缶詰をみなで少しずつ試食しました。


第1回全体たんぽぽ 6月25日
参加者は19名、託児2名でした。
読書は、教育30年から「よく教育することは、よく生活させること」

5、6月に行った生活記録(時間しらべ)の感想をもとに、困っていることなどを話し合いました。
 ~子どもたちの感想から~
 ・どんなふうに時間を使っているかが分かった
 ・やらなくて嫌な気持ちのなりたくない。同じだと安心するし、忘れずきちんと出来る。
 ・寝る時間が遅かったのは、部活の帰りが遅いことと、テスト勉強
  きちんと振り返っていることが印象に残りました。
終了後は、おかずのヒントがたくさんの試食タイムでした。





2017年度の様子
第3回全体たんぽぽ 2月26日
 
おかずは6色×2種類の12種類ありました。
全部美味しそうで詰めるのがとても楽しかったです。彩りよいお弁当は見た目にも食欲がそそられました。
我が家のお弁当はマンネリぎみだったので新しいアイデアももらえて参考になりました。
早速『さば水煮切干し煮カレー風味』作ってみました。



北方面たんぽぽより
今年度は方面勉強では【住】の基礎を取り上げて勉強しています。それに合わせて「暮らしの基本って何?」生活部委員の協力を得て著作集「家事家計編」を読み進めながら、まずは朝仕事終了時間を決めることから始めました。 合わせて、家計簿記帳がどのようにすればできるようになるのかも一緒に考えていくことになりました。
方面たんぽぽは月1で行っています。会員同士で励みながらみんなの気づきや工夫を話すことで生活に段々リズムが出来て整ってくるのが実感できるようになりました。「基礎勉強は努力しないと続かない」とのアドバイスをもらいました。少しずつではありますが、確実に身につけられるようにしていきたいと思います。


第2回全体たんぽぽ&10月野の花 10月2日
 読書 家庭教育編 良心・同情・理解力
 机上講習と実習
 酢飯、お稲荷さん、ラップ寿司

 
 参加された方から…

  「お寿司は家で作るものではなく買ってくるものだと思っていました。
  「今度両親が遊びに来たらぜひ作ってみたい」
  「これを機会に酢飯をもっと活用したい。」
  「ラップ寿司を子どもと一緒に作ってみたい」

  「家事家計講習会が始まる前のこの時期に、お楽しみ的な企画が嬉しかった」
                            
などの声が聞こえました。
 


第1回全体たんぽぽ 6月26日
 
参加者 お客様4名 会員19名
 読書 家事家計編(上)母親は子守にあらず
 母と子ども(自分で記録)の生活記録(時間しらべ)をもとに、
 気づいたことや困っていることを聞きあいました。

 
「起床から朝食までの時間が短い…」
 「朝、子どもが自分で起きない…」
 「上の子の習い事の時間に下の子の生活時間が影響される。」など
 これに対して、具体的な案や、家事の工夫、他の家庭の工夫が出て
 有意義な時間となりました。
  

西方面たんぽぽより
7月27日(木) 10:00~15:00
錦が丘集会所 参加者9名 子ども7名(小学生6名、幼児1名)

内容 読書 家庭教育編(上)天分不相応の教育
   包丁研ぎ実習
   布巾の煮洗い、麺つゆのこと
   目安量の話し
昼食 子ども達による手作りサンドイッチ 具材は参加者持ち寄


 
包丁の研ぎの実習では、「包丁と砥石の角度のこと」、「かえり」のことなど話ながらリズミカルに研いでいきました。初めての方もいました。サンドイッチに使うきゅうりを研いだばかりの包丁で切ってみると「切れるー!」と感激。昼食づくりは子ども達に任せ、大人は布巾の煮洗い、麺つについて各自の様子を聞きあいました。
 昼食は、子どもたちの提案でバイキング形式。1つのテーブルにたくさんの種類のサンドイッチが並べられていて、選ぶ楽しさもある楽しい時間となりました。 午後は、子ども達は近くの公園に出かけ、大人は生活係が中心となり目安量の話し、教育費調べ、家計簿の勉強会の持ち方など話し合いました。 2時半過ぎ、6年生が先頭と後尾について列をつくって戻ってくるのを見て、子どもたちの成長も見ることが出来ました。


仙台友の会仙台友の会

〒982-0023
仙台市太白区鹿野3-23-33
TEL 022-308-5009
FAX 022-308-5009

ナビゲーション

inserted by FC2 system